庭から広がる

ジャーマンマム

スポンサーサイト

PageTop

P7111438_convert_20160717220320.jpg

PageTop

これにて終了。

★このブログは本日をもって終了いたします★

最終回になんとか山の画像を載せる事が出来ました~
積雪はまだ70cmほど。1月の中旬からどんどん高くなっていきます。
今年は珍しく 元旦に初日の出が見られるかも?という予報になっています。
PC311075_convert_20161231151442.jpg 
得るものが多かった5年間。
記事を公開していなかったら ここまではやらなかったであろうことがたくさんあります。
特に 調べるとか試すとか記録し続ける といったことは、一人ではなかなか....
費やした時間は多かったけど、全部自分に返ってくるので、為になりました。
コメントを頂いて教わったり励まされたり ブログが生活の一部になっていました。
アクセス解析を見ると、一日に何度も来てくださる方もいらっしゃって、なるべくサボらずに
アップしようという励みにもなりました。
みなさん、ありがとうございました。
今後の抱負など書き始めると たくさんあり過ぎて歳取りの準備ができなくなってしまうので(笑)
遠慮することといたします。
雪景色ばかりでお別れするのは 淋しいので、今年の庭の写真を載せます~

P5220361_convert_20160526194530.jpg 
P5140219_convert_20160515215802.jpg 
P7171624_convert_20161231150428.jpg 
P7091383_convert_20160717213738.jpg 
P7111395_convert_20160717214029.jpg 
P6271037_convert_20160628174254.jpg 
P7141502_convert_20160718213930.jpg 
・」繧、縲€繝悶Ν繝シ繝ェ繝舌・_(4)_convert_20161231150303 
P7011198_convert_20160702163836.jpg 
P7061318_convert_20161231150337.jpg 
P7111425_convert_20161231150403.jpg 
P7181642_convert_20160727212645_convert_20161231150456.jpg 
P8050234_convert_20161231150524.jpg 
P9110223_convert_20161231150609.jpg 
P8210630_convert_20161231150547.jpg 

う~ん、やっぱり植物との暮らしは良いですね。
と言う訳で、気の効いた〆の言葉は書けませんが これにて終了といたします。
応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。 感謝です。
みなさんも どうぞお元気で、良いお年をお迎えください。

このブログは、3月頃までは放置の状態にする予定です。
広告がいっぱい付いたままになるのは 忍びないのですが。
その後は いずれは削除する事になると思います。
ではでは、 
PC311073_convert_20161231150833.jpg

PageTop

もういくつ寝ると....

今年も残すところ二日となった。 いやぁ、早い 早い。
今は元旦からお店が開いていると言うのに、やっぱり今年最後の買い物へと出かけた。
買い物リストは過去十数年の反省からなる蓄積を元にしているので、どこで何を買うかは
決まっており ほとんど準備完了なのだが、賑わうスーパーを覗きたいんだなぁ。
冬なので、外国人率は いつもより高く、生協にもダイソーにもホムセンにも1割位。
衣料品売り場にも30~32cmという巨大な靴下が売られているし、ベジマイトという不思議な
食べ物も普通にジャム売り場に並んでいる。(おそらく和食なら海苔佃煮の位置か?)
商品説明も英文付きだから 「ヤキソバって、フライドソバっていうのかぁ」と勉強になる。
しかし、一体どうなっちゃうの?この地域。
30年くらい前に「私をスキーに連れてって」とかいう映画のヒットで スキーブームが
起こり、ペンションが乱立したニセコ・倶知安の山裾。
その後ブームが去り、人も去り。
ところがブーム再来。
だけど今度は投資含みなので、規模も人種も違うから怖ろしい感じがする。
ニセコのホテルのベットメイクの時給が1500円って、すごい。
みんな給料高い方に集まるから なおさら人手不足が加速する。
給料の安い所やきつい仕事は 益々人手不足だ。
結局、地元の企業があおりを食らう。
就労目的だけでなく、定住の外国人も増えており、町内会の外国人率もupしている。
地価もうなぎ昇りだから、買占めや地上げがだんだん周辺の町にも及んできた。
土地だけでなく、地元の会社を丸ごと買ってしまう財力のすさまじさ。
ピンポイントのバブルになっていて、レストランの価格設定も高い。
私らを相手にしているわけではなく、セレブターゲットだから当然だけど。
新幹線工事でゼネコンも入ってくるし。
お金が集まるところには、人も集まり、大手企業も支店を出し始め 人材派遣会社や
ハウスメーカーなども乗りだしてくるらしい。
しかし、「いつまで続くのか?」と誰もが内心思っている。 怖いよ~。

そうそう、お正月の準備の話だった。
まゆ玉を飾るのに、庭のアズキナシの枝を切ったら(うちにはミズキが無いので)、
枝が大きかったようで、飾りが少なく淋しかった。
PC251056_convert_20161229162508.jpg
それで今日、追加で飾りを増やして 賑やかにしてみた。
子どもの頃からの慣例だったので、これがあると お正月という感じだ。
ごみの処分が面倒になってから 飾る家が減ったようで、このモナカの皮の様な
カラフルな飾りもなかなか売っていないので困る。
玄関飾りも 前は自作のリースなど作ったが、今はまたオカメが付いた下げ飾りに
戻っている。これは北海道独自のものだとTVで言っていたけど。
おせちを大みそかに食べるのも 北海道や東北独自のものらしい。
これは太陰暦を元にした慣例なんだそうで、日没後に新しい日が始まるので
31日の夜が新年なのだそうだ。
そういう大事な事は分からなかったが、大みそかは たらふく食べてだらだらTVを見る
ハッピーな一時である。
PC291062_convert_20161229162614.jpg 

玄関も クリスマスグッツを片づけて お正月用品に衣替え。
たった一本なのに ユリの香りが広がる。
低温処理をされて どこかのハウスで育ったユリなんだろうな。
PC291057_convert_20161229162529.jpg 
お飾りは縁起ものだから どんど焼き等に持って行くと良いのだろうが、神社は遠いので
家庭内どんど焼きと称して 松が明けてから庭の隅で焼くマイルール。
下げ飾りやまゆ玉は焼くけど、それ以外は 手づくりグッツで、毎年しまうのだった。
PC291059_convert_20161229162637.jpg 
しまうのに楽な様 分解できるor小さめに作ってある。
鏡モチは 青カビが生えるので嫌だし、充填モチは美味しくないので嫌だという理由で
このフェイクタイプとガラスタイプにしている。
それじゃぁ神様にお供えすると言う本来の意義とは違うではないか とも思うが、
「その分私達がたくさんモチを食らう」という事で 神様には大目に見て頂きたい。
PC291058_convert_20161229162550.jpg 
うちはおせち料理を重箱に入れたりはしないけど。こんな量では足りないから。
伊達巻きは一人一本。だって、年に一回しか食べないんだもの それ位いいじゃあないの。
毛ガニを食べるのも 年に一回。
人気の無い栗きんとん・数の子・かまぼこなどは無し。
慣習を後世に伝えると言うには あまりにもアレンジしすぎだろうか。
PC291063_convert_20161229162659.jpg 
天気が良かったら山の写真を載せたいと思っていたのだけど、なかなかそうならず。
あと二日のうちにピーカンにならないかもしれないので、24日に撮ったものを
載せておきます。
PC241049_convert_20161229162419.jpg

PageTop

冬至も過ぎて

★ このブログは12月いっぱいで終了します★

★ リンク・コメントを閉じさせて頂きました★

0℃位の暖気になると、道路がツルピカのテラッテラになるのが困る。
路外転落が怖いから、そろりそろりと運転しているのに、中には命知らずのスピードの
車もいる。 君が事故るのは構わないが、巻きこまないでくれたまえよ。
先日も、ダンナさん運転で夜に出かけた帰り道、落ちたばかりの車があった。
通り過ぎたものの、ケガしてたらどうする?と思い直して戻って、
「もしも~し、大丈夫ですかー?」と声をかけたら、斜めった窓が開いて、「大丈夫っス」
と、角刈りのオジサンが携帯片手に返事した。
今は携帯があるから便利だなぁ。

前に 「床屋に行った日の男前を100とすると、行く前は20だね」と言ったら、
今月は促される前に床屋に行ったダンナさん。
ついでに かなり遅くなったが、結婚記念日の花束を買ってきてくれた。
都会の洗練されたチョイスとは違う方向だが、今時期 生のお花は嬉しい。
ガーベラは亡くなった母が好きだと言っていた花だ。
そう思うとガーベラは身近な花に感じるし、この花を見ると母を思い浮かべる。
そういう先入観を私の家族にも植えつけようかな。
それなら何の花にしようかな。エゾエンゴサクは好きだけど、春の一瞬しか咲かないから
彼らの目に 入らないかもしれない。
花屋で売っている花が良いかな。 でもバラではない。 バラは育てがいはあるけど、
苦労させられたので、好きな花と言うよりも、もっと頭上で咲いている。
年中売っている花が良いかな。 菊か? えぇ~....菊かぁ~ 黙ってても仏壇に上がるじゃん。
迷うなぁ。 デルフィニウムなんてどう?
デルフィニウムを見るとお母さんを思い出す...  
いや、彼らは「デルフィニウム」を覚えられないだろうね。
おや、この赤い実はヒペリカム。
そう言えば数年前にも 結婚記念日の花束に入っていて、それを水に挿しておいたら
根が出て、庭に植えたら根付いて 今は売るほどたくさんになっている。
丈夫で黄色い花もたくさん咲いて、実は長く楽しめる。
ヒペリカム?
いやいや、「ヒペリカム」こそ覚えられませんって。
PC221047_convert_20161222190426.jpg

クリスマスムードには程遠い生活だとボヤいていたら、お友達からカードが届いて
一気にジングルベルが鳴りだした。
ありがとう。 持つべきものは友達です。
左は 遠い昔アメリカにお嫁に行った友人で、次期大統領に憂いていた。
数年前、本屋に「人は見た目が9割」という題名の本が並んでいた。
題名の見た目で内容が想像できたので 手には取らなかったが、人間30歳過ぎたら
アホな人はアホな顔をしているし、ずるい人はずるい顔をしている。
ロシアのプーさんは喜んでいるだろうな。
そういう我が国も かなり憂慮されるべき状態と思うけども。
PC221045_convert_20161222190313.jpg 

そしてプレゼントも頂いた~
その中の一つは 私が欲しかった「札幌軟石」でできた家。 わ~いわ~い
ここにポトリと香りのオイルをたらして楽しむと言うもの。
わざわざお店まで探して行ってくれたとは ありがたい。 
人によっては 「物をもらうと返すのが面倒だから要らない」と言われてびっくりした事が
あったが、贈るのは物ではなくて気持ちの表れだから 私は超嬉しい。
そして贈るのも好きだなー でも田舎にいると こういう気の効いたものが手に入らない
からなぁ。
早速 前に頂いたローズマリーオイルをたらしてみよう。
PC221044_convert_20161222190246.jpg 
札幌軟石でできた鉢には 夏に出かけた折に巡り会う事が出来て 持ち帰った。
でもこれ、植物を育てるためには 時々バケツの水にどぶんと入れて 水分を吸収させる
必要があって、ちょっと面倒。
もっと大きいものなら保水力もあるし 地面にじか置きしてコケむしたら良い感じだろうけど。
で、水をじゃぶじゃぶ入れてもいい様に こぼれ種のラセンイを植えてみた。
PC221046_convert_20161222190401.jpg 

そう言えば、冬至が過ぎた。
日の入りが最も早い時期は もう過ぎていて、でも日の出が最も遅い時期は1月上旬
なので、まだまだこれから。
太陽の角度が低いから 朝日がわーっと部屋の奥まで入ってくると、思いのほか
綿ぼこりがはっきり目立ち、あわててモップがけする朝となり。
緯度が高い北海道は 冬至の昼間の長さが9時間だけど、沖縄は10時間30分も
あるなんて いいなぁ。

そう言えば、前に「イネはどうして嫌地しないのか」不思議だったが、植物には
同じ場所で長く育てると 嫌地するもの・しないものがあることが 本に書いてあった。
それどころか、長く育てた方が良いものもあり、それはサツマイモ・カボチャ・ニンジン・
ダイコン・タマネギなど。
嫌地しないものは、イネ・ムギ・トウキビ・アスパラ・イチゴなど。
嫌地するものは、ジャガイモ・トマト・ナス・スイカ・メロン・エンドウ・ゴボウ・ビートなど
同じイモでも違うのは、ジャガはナス科だからかな。
ここらの農家が ジャガイモを育てるために ゴボウ・ビート・マメを輪作にとりこんで
いるのは そういう理にかなったことだったのだ。
アスパラは嫌地しないかもしれないが、8年もすれば新芽の出が悪くなるので 
別な場所に3年がかりで苗を育てては 畑を更新して行く。
アスパラが高価なのは、収穫が大変な上にそういう理由もあるのでした。
この本は家庭菜園を極めるには 助けになると思うので載せておきます。
私にはストンと落ちる内容だったけど、本は人によって合う合わないがあると思うから
参考までに。
これの「花」バージョンがあるといいのになぁ。
PC221048_convert_20161222190456.jpg 

PageTop